血液検査@
 

私の血液検査結果と治療経過


2006年5月22日

●血液検査
 
・TgAb 0.3>〔基準値0.3以下〕
・抗TPO−Ab 0.3>〔基準値0.3以下〕
・TSAb  225 〔基準値180以下〕
   
・FT3 スイマセン!
この3つの結果表はなくしてしまいました。
FT3、FT4が基準値を遥かに上回っていて、
TSHが基準値以下だったことは確かです。
・FT4 
・TSH
 

 

 上の3つは自己抗体です。
初日だけ、この3つの検査表がでました。

TSAbは、

「バセドウ病は自己免疫疾患」

のページで紹介させてもらいましたとおり、
TSH受容体に対する抗体ですね。

これがバセドウ病診断のポイントとなりますが、
数字を見ると陽性であることがわかります。

TgAbは、抗サイログロブリン抗体といって、
甲状腺にあるサイログロブリンという蛋白に対する自己抗体らしく、
慢性甲状腺炎(橋本病)になると陽性になることが多いようです。
バセドウ病でも陽性になることがあるようです。   

抗TPO−Abは、抗甲状腺ペルオキシターゼ抗体といって、
甲状腺の酵素に対する自己抗体のようです。

これも甲状腺機能低下症である橋本病で
陽性となることが多いようですが、
バセドウ病でも陽性になることもあるようです。

ちょっと難しいですが、TgAbも抗TPO−AbもTSAbも
甲状腺に対する自己抗体であることは間違いないようですね。

   
私は先生からTgAbと抗TPO−Abの説明は受けていませんが、
上記のような0.3>という表記は
基準値以上ということで、
陽性ということなのでしょうかねぇ?

とすると私の甲状腺の自己抗体は3つともすべて陽性で、
バセドウ病間違いなしということなのでしょうね?

 
●薬
  ・メルカゾール1日4錠(朝夕食後2錠)
   
●備考
 

 この日は検査初日で、症状もピークに達していて本当に苦しかったです。

先生が、しばらく仕事を休んで安静にするよう診断書を書いてくださいました。

最高血圧 145
最低血圧  87
脈拍数  154

もありました。

 

6月5日 

●血液検査
 
・TSH 0.003 (基準値0.541〜4.261)
・FT3 13.20 (基準値2.39〜4.06)
・FT4  3.94 (基準値0.71〜1.52)
 
●薬
  ・メルカゾール1日6錠(毎食後2錠)
  ・セロケン1日3錠(毎食後1錠)
   
●備考
 

 メルカゾールを2週間ほど1日4錠服用してきましたが、副作用がないようなので1日6錠に増えました。

脈拍数が依然として異常に高く(脈拍数140〜150)、
苦しみを訴えたところ、
狭心症の発作を予防するセロケンという薬がでました。

 
  

6月19日

●血液検査
 
・TSH 0.003 (基準値0.541〜4.261)
・FT3 11.02 (基準値2.39〜4.06)
・FT4  3.48 (基準値0.71〜1.52)
 
●薬
  ・メルカゾール1日6錠(毎食後2錠)
  ・セロケン1日3錠(毎食後1錠)
   
●備考
 

 数値は少し下がったようですが症状はあまり変わりません。

ALT(GPT)という
何らかの原因で肝細胞が破壊されると
血中濃度が上昇する酵素の数値が
基準値をだいぶ上回っているようで、
薬の副作用が考えられるようです。

酒は飲んじゃ〜いけん!
みたいです。

この日、

   最高血圧 140
   最低血圧  80
   脈拍数  109

でした。

 

6月22日

   この日はバセドウ眼症の疑いで、眼科に行きました。
   視力検査他、さまざまな検査を受け、次回はMRIを受けることになりました。

 

7月3日

●血液検査
 
・TSH 0.003 (基準値0.541〜4.261)
・FT3  5.97 (基準値2.39〜4.06)
・FT4  1.92 (基準値0.71〜1.52)
 
●薬
  ・メルカゾール1日6錠(毎食後2錠)
  ・セロケン1日3錠(毎食後1錠)
   
●備考
 

 数値が確実に基準値に近づきつつあり、なんか嬉しかったです。
身体の方もだいぶ楽になってきました。

  
  
7月4日

   眼科でMRIを受けました。
   眼の裏側の筋肉に腫れはなく、バセドウ眼症ではないとのこと。
   引き続きバセドウ病の様子を見ながら診察を進めてゆくことに。

 

7月17日

●血液検査
 
・TSH 0.003 (基準値0.541〜4.261)
・FT3  3.12 (基準値2.39〜4.06)
・FT4  0.84 (基準値0.71〜1.52)
 
●薬
  ・メルカゾール1日4錠(朝夕食後2錠)
  ・ニポラジン1日2錠(朝夕食後1錠 5日分のみ)
  ・レスタミンコーワ軟膏(塗り薬)
   
●備考
 

 薬が確実に効いているようで基準値に突入!
メルカゾールを少し減らすことに。

ALT(GPT)も今まで高かったのですが基準値に戻りました。

しかし、この頃からじんましんが出来始め、
アレルギーを抑える薬ニポラジンと
かゆみ湿疹を抑える塗り薬レスタミンコーワ軟膏を追加しました。

ニポラジンはかゆみが治まったらすぐやめるよう言われました。

この日、

   最高血圧 123
   最低血圧  71
   脈拍    70

でした。

ほぼ普通の人に戻った感じです。

この日を境に、完全安静を解除し、先生の許可を得て少しづつ仕事を開始いたしました。

 

2006年8月以降の検査結果はこちら

 


サイトカテゴリー
TOPページ
   
甲状腺とホルモン
甲状腺ホルモンの働き
甲状腺ホルモンの分泌調節
「TSH、TRHのメカニズム」
バセドウ病は自己免疫疾患
一般的なバセドウ病の症状

私が体験したバセドウ病症状
首の腫れは少し
体重激減
排便回数が増える
心拍数急増
バセドウ眼症か?
異常にタンが絡む

私が受けたバセドウ病の検査
一般的なバセドウ病の検査
バセドウ病の治療
ちょっと心配? 薬物治療の副作用

私の血液検査結果と治療経過
2006年5月〜7月
2006年8月〜12月
2007年1月〜12月
2008年1月〜12月
2009年1月〜

バセドウ病患者の日常生活注意点 
薬は決められた通りに必ず飲み続ける
完全安静のおすすめ
食事の問題
生活のリズム
運動について
病気の中にも楽しみを見出して前に進む
私の療養生活失敗談
甲状腺機能亢進症の病気
甲状腺機能低下症の病気
バセドウ病患者になって思うこと
   
プロフィール

 

リンク集
甲状腺専門病院リンク集
闘病記(甲状腺の病気)
リンク集
闘病記(甲状腺以外の病気)
リンク集
医療関連リンク集(1)
医療関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(1)
健康、栄養関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(3)
健康、栄養関連リンク集(4)
健康、栄養関連リンク集(5)
癒し関連リンク集(1)
癒し関連リンク集(2)
趣味関連リンク集(1)
趣味関連リンク集(2)
旅行関連リンク集(1)
旅行関連リンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(1)
日常生活お役立ちリンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(3)

おことわり

 当サイトは、医療の専門家ではない私(管理人)が、病気克服のために勉強し体験したことを綴ったサイトです。
したがいまして、記載されている医学、医療、療養などの内容に関して一切保証するものではありません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 

 


 

 

 

Copyright (C)  basedow_otoko All Rights Reserved   バセドウ病になった男の話
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。