血液検査B
 

私の血液検査結果と治療経過


2007年2月16日

  一身上の都合で、1月に仙台に移転し、今日が仙台での一発目の通院。

  まずは、 待ち時間に体温、体重、血圧を測定。


   ・体温測定 (36.5)
   ・体重測定 (70kg)
   ・血圧測定 (上121、下80)


   診察室に通されると、簡単な問診、触診など。
   喉の触診、眼の触診、聴診器などはわかったが、横になってトンカチのようなもので、身体
   の各所をポン、ポ〜ンと叩いていたのは、アレは何だったのやろか?


   問診は、関西での担当医師が、
   これまでの治療経過や検査結果を克明に記した紹介状を作って下さっていたいので話は
   実にスムーズやった。


   次いで各種検査。        

  ・尿検査
・心電図
・レントゲン
・血液検査

   を行い、検査結果は、次回、担当医師から聞くことに。
   薬が切れかかっていたので、チウラジールを出してもらいこの日は終わり。

   それにしても大きな病院というのは、
   日本全国どこに行っても待ち時間が長いんやなぁ・・・

 

2月21日

●血液検査
 
・TRab 3.2 (基準値 1以下)
   
・TSH 1.212 (基準値0.31〜4.69)
・FT3  3.16 (基準値2.5〜4.3)
・FT4  1.01 (基準値0.71〜1.85)
 
●薬
  ・チウラジール1日1錠(朝食後1錠)
   
●備考
 

今日は仙台での担当医師とご対面!
少し不安だったが、すっごく好感の持てる先生だったので、一安心。

  「数値的にすごく安定してきているので、薬を1錠に減らして、このまま薬物治
   療を続けていきましょう」

ということに。

 「薬はいつごろまで飲み続ける必要があるのでしょうか?」

という問いに、

 「数値は安定していますが、これは治ったということではないんですね。
  薬によって抑えられているだけですので、今薬をやめたらすぐにもとに戻って
  しまいます。
  そこをまず勘違いされない方がいいですね。

  現在、TRabがまだ陽性ですので、これが基準値の1以下になって、1年間く
  らい安定していれば、薬はやめられる?

  といったところです。

  それでも、何年か経って再発する人もいれば、一生再発しない人もいますの
  で、人それぞれなんですねぇ。」


というお答えをいただく。
TRabが下がるには、まだまだ、だいぶ時間がかかるらしい。


それから、コレステロール値があがってきているので、
食事、お酒、運動には注意! 
とのこと。

そういえば最近、少し腹が出てきて、

オッサンモード加速!

という感じ。


それから、
血液検査の結果の基準値というのは、病院によって違うんやなぁ、
ということに気づく。


次回の通院は2ヵ月後。

 

4月18日

●血液検査
 

結果が見れるのは次回。
異常がある場合は連絡くださるとのこと。

 
●薬
  ・チウラジール1日1錠(朝食後1錠)
   
●備考
 

最近は、少し心臓の不整脈を感じるもののいたって順調。

今日は、TRabとTSabの違いを聞いてみた。

なんでも、測定の仕方が違うのであって、
同じ抗体なのでほとんど同じものと考えていいらしい。

バセドウ眼症の症状のある人は、TSabの方の数値が上がりやすいとのことやった。

そういえば、関西の病院で、最初に血液検査を行った時に、
抗体は、TRabの数値ではなく、TSabの数値を出していた。

「そうか! あれは、最初に自分が眼の異常を訴えたので、
TSabの方の測定値を出したんやぁ!」

と勝手に納得。
あっているかどうかは別。

 

7月18日

●血液検査
 

ボーッとしていて結果表をもらうのを忘れてしまった!(>_<)
数値は安定していて順調とのこと。

 
●薬
  ・チウラジール1日1錠(朝食後1錠)
   
●備考
 

今回は、薬を飲み始めた頃の話題になったので、そういえばその頃、
ものすごく身体が攣る時期があったことを先生にお話した。

すると、
薬を飲み始めて数値が下がりつつある時に、身体が攣りやすくなる人がけっこういるのだというお答え。
その原因は不明らしい。

また、東洋人にその現象が多いのだとか。

摩訶不思議?

東洋人は身体が突っ張っているんやろか?

 

9月27日

●血液検査
 

この日も、結果表はもらわずに帰ってきてしまいました。毎度スンマセン!
状態があまりよくなく、やや数値が上がり始めていることから薬を増やすことに。

 
●薬
  ・チウラジール1日2錠(朝夕食後1錠ずつ)
  ・ラックビー微粒一日3包(毎食後1包ずつ)
●備考
 

最近心拍数が、120くらいの時が一日のうちに何回かあり、暑いせいもあるのかどうか背中から異常に汗をかき、いつもシャツはびっしょり状態。

朝の目覚めもよくなく、嘔吐グセを連発。

ちょっと調子が良くないなぁ、と思っていたら、数値が上がりはじめているらしい。
ということで、チウラジールを1日2錠に増やすことに。

加えて軟便続きなので、「ラッグビー微粒」という腸の働きを整える粉状の薬を出してくださった。

安定したり、上がったり・・・

まだまだバセドウとのお付き合いは続きそう・・・

 

11月22日

●血液検査
 
・TRab 2.5 (基準値 1以下)
   
・TSH 0.897 (基準値0.31〜4.69)
・FT3  3.22 (基準値2.5〜4.3)
・FT4  1.13 (基準値0.71〜1.85)
 
●薬
  ・チウラジール1日2錠(朝食後1錠、夕食後1錠)
  ・ラックビー微粒一日3包(毎食後1包ずつ)
●備考
 

調子は良好。
数値もだいぶ安定している。

ただ、相変わらずの軟便続きが少し気になる。
軟便と薬との因果関係はないとのこと。
オレのお腹、どうしちゃったんやろか?

ところで、
バセドウ病に投薬治療は、
最低でもだいたい2年間は続けなければならないらしい。

2年くらい経って、薬をやめれる条件は、
その時点で、一日の投薬が一錠になっていて、
数値が正常値で症状が安定していること。

そこで薬をやめられたとしても、
一生再発しない人は、全体の約半分くらいであるとのこと。

オレの投薬治療も、もうすぐ2年。
どうなっちゃうんやろか???

・最高血圧 117
・最低血圧  80
・脈拍数   84


サイトカテゴリー
TOPページ
   
甲状腺とホルモン
甲状腺ホルモンの働き
甲状腺ホルモンの分泌調節
「TSH、TRHのメカニズム」
バセドウ病は自己免疫疾患
一般的なバセドウ病の症状

私が体験したバセドウ病症状
首の腫れは少し
体重激減
排便回数が増える
心拍数急増
バセドウ眼症か?
異常にタンが絡む

私が受けたバセドウ病の検査
一般的なバセドウ病の検査
バセドウ病の治療
ちょっと心配? 薬物治療の副作用

私の血液検査結果と治療経過
2006年5月〜7月
2006年8月〜12月
2007年1月〜12月
2008年1月〜12月
2009年1月〜

バセドウ病患者の日常生活注意点 
薬は決められた通りに必ず飲み続ける
完全安静のおすすめ
食事の問題
生活のリズム
運動について
病気の中にも楽しみを見出して前に進む
私の療養生活失敗談
甲状腺機能亢進症の病気
甲状腺機能低下症の病気
バセドウ病患者になって思うこと
   
プロフィール

 

リンク集
甲状腺専門病院リンク集
闘病記(甲状腺の病気)
リンク集
闘病記(甲状腺以外の病気)
リンク集
医療関連リンク集(1)
医療関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(1)
健康、栄養関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(3)
健康、栄養関連リンク集(4)
健康、栄養関連リンク集(5)
癒し関連リンク集(1)
癒し関連リンク集(2)
趣味関連リンク集(1)
趣味関連リンク集(2)
旅行関連リンク集(1)
旅行関連リンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(1)
日常生活お役立ちリンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(3)

おことわり

 当サイトは、医療の専門家ではない私(管理人)が、病気克服のために勉強し体験したことを綴ったサイトです。
したがいまして、記載されている医学、医療、療養などの内容に関して一切保証するものではありません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 


 

 

 

Copyright (C)  basedow_otoko All Rights Reserved   バセドウ病になった男の話
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。