血液検査C
 

私の血液検査結果と治療経過


2008年2月28日

●血液検査
 
・TRab 今回は測定なし 次回測定予定。
   
・TSH 0.983 (基準値0.31〜4.69)
・FT3  3.10 (基準値2.5〜4.3)
・FT4  0.95 (基準値0.76〜1.65)
 
●薬
  ・チウラジール1日2錠(朝食後2錠)
  ・ラックビー微粒一日3包(毎食後1包ずつ)
  ・ロペミンカプセル(下痢時に1錠服用)
   
●備考
 

ちょっと疲れやすい日が続いているけれども、数値はだいぶ安定しており、
体調も悪くはない。

ただ、相変わらずの軟便続きで、
朝のフンバリ時になかなか止まらず
時間が無くなってしまい困ってしまう日が続く。

そのため、今回はどうしても下痢気味で困る時にのみ服用する
「ロペミンカプセル」
という薬が出た。

先生のお話によると、
数値が正常値内に安定してきても、
症状が強い時の体調が、 そのまま体質となって、
後々まで引きずってしまうケースも
しばしば見受けられるとのこと。

例えば、バセドウ病によって、
汗をた〜くさんかきやすくなってしまった人が、
治療によって甲状腺ホルモンの数値が正常値内になり、
症状が安定してきても、
発汗症が体質として、後に残ってしまう場合などがあるのだとか・・・

オレの軟便も体質になってしもうたんやろか?
原因はわからないが、そのような可能性もあるらしい。

嫌やなぁ・・・

・最高血圧  120
・最低血圧   79
・脈拍数    75


2008年5月22日

●血液検査
 
・TRab 1.1 (基準値 1以下)
・TSH 1.191 (基準値0.31〜4.69)
・FT3  3.1 (基準値2.5〜4.3)
・FT4  1.00 (基準値0.76〜1.65)
 
●薬
  ・チウラジール1日2錠(朝食後2錠)
  ・ラックビー微粒一日3包(毎食後1包ずつ)
   
●備考
 

よ〜うやくTRabが基準値に近づきつつある今日この頃。

うれピ〜!

とはいうものの、毎朝、心拍数が高くしんどい日が続く。
毎朝、心臓がドキドキして目が覚めるという感じ。

なんでやろ?

100を超える心拍数と、癖になってしまった嘔吐。

目が覚める時、

「果たしてここはどこや! あの世なんか、この世なんかわからへ〜ん!」

っちゅう感じ。

数値とは裏腹に、まだまだバセドウとの戦いは続きそう。


2008年8月28日

●血液検査
 
・TSH 1.059 (基準値0.31〜4.69)
・FT3  2.95 (基準値2.5〜4.3)
・FT4  0.97 (基準値0.76〜1.65)
 
●薬
  ・チウラジール1日2錠(朝食後2錠)
●備考
 

数値はすごく安定しているが、
相変わらず朝の心拍数は高い。

朝はやっぱりつらい。

心拍数が高いと、
身体を休めたい、休めたいという意思が働くのか、
目覚めても1時間ほどは動けない。

数値は基準値内に安定しているのに・・・

やはり、心臓の動きが早いのも一つの体質になってしまったんやろか?

気温や湿度など微妙な違いも身体の調子に影響しているように思う。

どうしたものか?

どう克服したらいいのかわからない日が続く。


2008年11月20日

●血液検査
 
・TRab 0.9 (基準値 1以下)
・TSH 1.289 (基準値0.31〜4.69)
・FT3  ― (基準値2.5〜4.3)
・FT4  1.06 (基準値0.76〜1.65)
 
●薬
  ・チウラジール1日2錠(朝食後2錠)
   
●備考
 

つ、つ、ついにTRabが基準値に!
やった〜〜!

とはいうものの、まだまだ油断は出来ないらしい。
薬をやめるのはまだちょっと早いとのこと。

しかし、毎朝食後の投薬はもう習慣化してしまっているので、
薬を続けることは、まったく苦ではない。
先生の言うとおりに薬は続けてゆこうと思う。

相変わらず不安定な心拍数。
慣れないお店の運営のストレスによるものか?
不景気で暗いニュースばかりだけれども、
毎日の仕事を楽しもう!

ワクワクすることを生活の中に取り入れてゆくことに努めよう!

明日を信じて!
自分を信じて!

 

 


サイトカテゴリー
TOPページ
   
甲状腺とホルモン
甲状腺ホルモンの働き
甲状腺ホルモンの分泌調節
「TSH、TRHのメカニズム」
バセドウ病は自己免疫疾患
一般的なバセドウ病の症状

私が体験したバセドウ病症状
首の腫れは少し
体重激減
排便回数が増える
心拍数急増
バセドウ眼症か?
異常にタンが絡む

私が受けたバセドウ病の検査
一般的なバセドウ病の検査
バセドウ病の治療
ちょっと心配? 薬物治療の副作用

私の血液検査結果と治療経過
2006年5月〜7月
2006年8月〜12月
2007年1月〜12月
2008年1月〜12月
2009年1月〜

バセドウ病患者の日常生活注意点 
薬は決められた通りに必ず飲み続ける
完全安静のおすすめ
食事の問題
生活のリズム
運動について
病気の中にも楽しみを見出して前に進む
私の療養生活失敗談
甲状腺機能亢進症の病気
甲状腺機能低下症の病気
バセドウ病患者になって思うこと
   
プロフィール

 

リンク集
甲状腺専門病院リンク集
闘病記(甲状腺の病気)
リンク集
闘病記(甲状腺以外の病気)
リンク集
医療関連リンク集(1)
医療関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(1)
健康、栄養関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(3)
健康、栄養関連リンク集(4)
健康、栄養関連リンク集(5)
癒し関連リンク集(1)
癒し関連リンク集(2)
趣味関連リンク集(1)
趣味関連リンク集(2)
旅行関連リンク集(1)
旅行関連リンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(1)
日常生活お役立ちリンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(3)

おことわり

 当サイトは、医療の専門家ではない私(管理人)が、病気克服のために勉強し体験したことを綴ったサイトです。
したがいまして、記載されている医学、医療、療養などの内容に関して一切保証するものではありません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 


 

 

 

Copyright (C)  basedow_otoko All Rights Reserved   バセドウ病になった男の話
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。