自己免疫疾患

自己免疫疾患

 

バセドウ病は自己免疫疾患

  バセドウ病は、甲状腺機能亢進症の一種で、
 甲状腺で甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうため
 におこる病気です。

  血液中の甲状腺ホルモン
 T3、T4(FT3、FT4)は基準値をはるかに上回り、
 甲状腺刺激ホルモンTSHは減少します。
 これについては「甲状腺ホルモンの分泌調節」のページに記しました。

 このような状態になるとさまざまな悪い症状に襲われるのですが、
 では、なぜこのようなことが起きてしまうのか?

 結論を先に言ってしまうと、
 バセドウ病は自己免疫疾患だからなのだとか・・・?

   自己免疫疾患 って何?

 ちょっと考えてみましょう。


バセドウ病は自己免疫疾患

 世の中には、いろいろと不条理なことが起こりますね。
正しい者が勝つとは限らない、なんていう矛盾したことも起こります。

例えば悪い奴をやっつけようとして、一生懸命犯人を追っていた警察官が、
誤って仲間の警察官を撃ってしまった!

なんてゆうことも起こりえますよね。

甲状腺ホルモン工場の世界でも同じような矛盾したことがおこってしまう
のですね。

人間には、自己防衛するための生体反応の機能が備わっています。
それが「免疫」と呼ばれるものであるということはよく知られていますね。

自分の体を攻撃しようとする外敵が浸入してきた時に、やっつけてくれる
自衛隊のような存在ですね。

リンパ球などの免疫担当細胞なんかがそれだったりします。

こいつが正常に働いてくれているうちは平和が保たれるのですが、
困ったことに人間社会と同じように矛盾が起きることがあるらしい。

敵をやっつけてくれるハズの免疫担当細胞が、
何を勘違いしてか、
間違って自分の細胞やたんぱく質を攻撃したり排除しようとしたりすることがあるのだとか。

こいつらを、

  「自己抗体」

というようなのですが、こういうことが起きると当然病気になってしまいますね。
そこで、自己抗体によって引き起こされる病気を

  「自己免疫疾患」

と言うらしいんです。
バセドウ病はまさにこれなのですね。

 

バセドウ病患者のリンパ球はとてもひねくれていて、
自分の甲状腺に対する自己抗体を作ってしまうのです。

とくに甲状腺のTSH受容体を異物とみなして攻撃し刺激してしまうそうです。

刺激されたTSH受容体は、これを下垂体からの刺激と勘違いをして、過剰な甲状腺ホルモン作ってしまうらしく、それで 甲状腺機能亢進症になってしまうということらしいです。

 

このTSH受容体に対する抗体を、

TSHレセプター抗体(TRAb)
あるいはTSH刺激性自己抗体(TSAb)

などと言うようです。
TRAb、TSAbの二つの違いは素人の私にはさっぱりわかりません。
ほとんど同じようなものと勝手に理解していますが・・・???

 

TRAb、TSAbは、TSHと同じようにTSH受容体を刺激して
甲状腺ホルモンの分泌を促します。

TSHは正常な機能であり、甲状腺ホルモンが不足したのを見計らって
TSH受容体を刺激して 甲状腺ホルモンの分泌を促すのですが、

TRAb、TSAbは、甲状腺ホルモンが不足するしないに関わらず、
おかまいなしに攻撃刺激するので困ったものなのです。

 

このTRAb、TSAbという抗体がバセドウ病を引き起こしている犯人なのです。

 

なぜ、このようなことが起こるのか?
ストレスが原因か? 
などともいわれていますが、はっきりした原因は不明のようです。

 

 

この自己抗体の有無も血液検査でわかっちゃうんですよね。
医学は偉大ですねぇ〜。

FT3、FT4が基準値より高値で、
さらにTSHが低値、
そして、
TRAbやTSAbが陽性である場合、バセドウ病と診断されるみたいです。

 

私の血液検査表には、TSAbの方がのっておりましたが、
やはり基準値を上回っていました。
私の甲状腺には、自分の甲状腺を攻撃してしまうというおバカさんな抗体が住んでいたのです。

悲しいことでございます!

 

 なお、FT3、FT4が高値でも
TRAbやTSAbが陰性の場合は、
バセドウ病以外の甲状腺機能亢進症である可能性があり、
治療法も異なってきますので、 お医者さんの話をよく聞く必要があります。

バセドウ病以外の甲状腺機能亢進症には、
無痛性甲状腺炎や亜急性甲状腺炎などがあります。

 


バセドウ病は女性に多い。

 厚生労働省の調べでは、甲状腺に何らかの障害がある患者数は、
全国で500万人と言われています。

実際はどうなんでしょうね。

男女比は女性が圧倒的に多いようで、
女性が9で男性が1くらいの割合らしいです。
バセドウ病については、男性が1に対して女性が4ほどだとか。

そして甲状腺の病気で最も多いのがバセドウ病らしいのですね。

う〜ん、バセドウ病は女性に多いのかぁ?

まぁ、男である自分がそこに入っているのは何となくあまりいい気分じゃないなぁ。
別に女性を差別しているわけじゃないのですが、

なんか自分が女っぽいのかなぁ?

なんて考えちゃうわけです。
女性ホルモンが多かったりして???

しかし、まぁ、どうして女性の方が多いのかということに関しては
原因はまったく不明だそうです。


サイトカテゴリー
TOPページ
   
甲状腺とホルモン
甲状腺ホルモンの働き
甲状腺ホルモンの分泌調節
「TSH、TRHのメカニズム」
バセドウ病は自己免疫疾患
一般的なバセドウ病の症状

私が体験したバセドウ病症状
首の腫れは少し
体重激減
排便回数が増える
心拍数急増
バセドウ眼症か?
異常にタンが絡む

私が受けたバセドウ病の検査
一般的なバセドウ病の検査
バセドウ病の治療
ちょっと心配? 薬物治療の副作用

私の血液検査結果と治療経過
2006年5月〜7月
2006年8月〜12月
2007年1月〜12月
2008年1月〜12月
2009年1月〜

バセドウ病患者の日常生活注意点 
薬は決められた通りに必ず飲み続ける
完全安静のおすすめ
食事の問題
生活のリズム
運動について
病気の中にも楽しみを見出して前に進む
私の療養生活失敗談
甲状腺機能亢進症の病気
甲状腺機能低下症の病気
バセドウ病患者になって思うこと
   
プロフィール

 

リンク集
甲状腺専門病院リンク集
闘病記(甲状腺の病気)
リンク集
闘病記(甲状腺以外の病気)
リンク集
医療関連リンク集(1)
医療関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(1)
健康、栄養関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(3)
健康、栄養関連リンク集(4)
健康、栄養関連リンク集(5)
癒し関連リンク集(1)
癒し関連リンク集(2)
趣味関連リンク集(1)
趣味関連リンク集(2)
旅行関連リンク集(1)
旅行関連リンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(1)
日常生活お役立ちリンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(3)

おことわり

 当サイトは、医療の専門家ではない私(管理人)が、病気克服のために勉強し体験したことを綴ったサイトです。
したがいまして、記載されている医学、医療、療養などの内容に関して一切保証するものではありません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 

 

 

 

 


 

 

 

Copyright (C)  basedow_otoko All Rights Reserved   バセドウ病になった男の話
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。