検査

検査について

 

   私が受けた   

バセドウ病の検査

  すっかり痩せ細って、諸症状に苦しんでいた頃、
周りの人の勧めで検査に行こうと決めたものの、

「はて、いったいどの病院に検査に行ったらいいのか?」

と悩んでいました。

 私の場合、喉がそれほど腫れていたわけではないので、
甲状腺の病気などとは考えもしませんでしたし、

ましてやバセドウ病など知らなかったわけですから、
バセドウ病の検査などという発想があるハズありません。

少しでも知識があれば、甲状腺の専門病院に行ったのでしょうが、
とにかく何もわからなかったので、
とりあえずネットで調べて、
設備が整っていそうな某大学病院に行ってみることに。

 

「はて、何科に行くべきなのか?」


と、悩んでいたところ、ロビーに「ご相談受付」というコーナーがあって、
そこで問い合わせてみると、

  「総合診療科」

で診てもらうよう勧められました。

最近の大学病院では、何科に行くべきか悩んでいる人のために
「総合診療科」というのがあるのですね。

ありがたいことです。

 

しかし、待つんですよねぇ〜、 これが。
1時間以上待ちました。

その間、問診票のようなものを渡されて症状を記入するのですが、
バセドウ病特有の“手が異常に震える”という症状によって非常に難儀しました。

問診票の内容は、ちょっと忘れてしまいましたが・・・

  ・どのような症状か?
  ・今まで大きな病気をしたことがあるか?
  ・アレルギー体質か?

というような感じだったと思います。(この他にも5,6項目くらいありましたが・・・)

それから、廊下で看護婦さんに体温と血圧を測られました。
その時は、

  体 温   37.5
  最高血圧 145 
  最低血圧 87
  脈拍数  154

でした。(かなり高めですよね。)

 

1時間以上待たされてようやく診察開始。

まず問診、
この時最近の症状を思いつく限り全部言いました。
そして、胸に聴診器をあてられ、次に喉を触診。

この時、先生が、

「家族の人で甲状腺の病気にかかったことのある人はいますか?」

と聞いてきました。
私は、その時は思いつかなかったので、

「さぁ???」

と答えましたが、
この時、先生は私の症状を聞いて、
バセドウ病であるという見当はついていたのではないかと思います。
(実際は私にはバセドウ病の親戚がいます)

それから、

「一応いろいろと検査してみましょう」

ということで、一度部屋を出て、各種検査を受けました。

検査は、

   ・血液検査
   ・レントゲン
   ・心電図
   ・尿検査
   ・検便(次回提出)

などでした。

覚えているのは、心電図の検査の時の看護婦さんとの会話。

  看護婦  「普段から心臓の動きは早い方ですかぁ?」

    私   「いや、あの〜、看護婦さん綺麗やし、ちょっと緊張してしもうて・・・」

と言ってしまった私は直後に大後悔!

  看護婦  「・・・・・・・・(^_^;)」

とても寒〜〜い気分を味わってしまったのですが、
看護婦さんは私の心電図を見て、かなりびっくりしていたようです。
それほど脈拍数が高かったのでしょうね。

 

こんな感じで、
朝一番(8時頃)から病院にいたのですが、
検査を終わる頃にはすでに昼近くになっていました。

それから一旦病院内で昼食をとり、2時頃再び診察室へ。

 

 「検査の結果が出ました。甲状腺の病気のようですね。専門の内分泌科を紹介しますので、   そちらで診てもらいましょう。」

 

ということで、総合診療科から内分泌科へ。

一日で結果が出るので大変ありがたいのですが、
あちこち回され、階段を上り下りする度に、

「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ・・・・・」

あの時、症状がピークだったのでホントにしんどかったのを覚えています。
また、大学病院の広いこと広いこと。

そして、内分泌科でさらに1時間くらい待ち、
そこではじめて先生にバセドウ病と明かされ、病気についての説明を受けたのでした。

 

その時の様子はトップページに書いてあります。

それにしても大きな病院の待ち時間、なんとかならないもんですかねぇ。

 


サイトカテゴリー
TOPページ
   
甲状腺とホルモン
甲状腺ホルモンの働き
甲状腺ホルモンの分泌調節
「TSH、TRHのメカニズム」
バセドウ病は自己免疫疾患
一般的なバセドウ病の症状

私が体験したバセドウ病症状
首の腫れは少し
体重激減
排便回数が増える
心拍数急増
バセドウ眼症か?
異常にタンが絡む

私が受けたバセドウ病の検査
一般的なバセドウ病の検査
バセドウ病の治療
ちょっと心配? 薬物治療の副作用

私の血液検査結果と治療経過
2006年5月〜7月
2006年8月〜12月
2007年1月〜12月
2008年1月〜12月
2009年1月〜

バセドウ病患者の日常生活注意点 
薬は決められた通りに必ず飲み続ける
完全安静のおすすめ
食事の問題
生活のリズム
運動について
病気の中にも楽しみを見出して前に進む
私の療養生活失敗談
甲状腺機能亢進症の病気
甲状腺機能低下症の病気
バセドウ病患者になって思うこと
   
プロフィール

 

リンク集
甲状腺専門病院リンク集
闘病記(甲状腺の病気)
リンク集
闘病記(甲状腺以外の病気)
リンク集
医療関連リンク集(1)
医療関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(1)
健康、栄養関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(3)
健康、栄養関連リンク集(4)
健康、栄養関連リンク集(5)
癒し関連リンク集(1)
癒し関連リンク集(2)
趣味関連リンク集(1)
趣味関連リンク集(2)
旅行関連リンク集(1)
旅行関連リンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(1)
日常生活お役立ちリンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(3)

おことわり

 当サイトは、医療の専門家ではない私(管理人)が、病気克服のために勉強し体験したことを綴ったサイトです。
したがいまして、記載されている医学、医療、療養などの内容に関して一切保証するものではありません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 

 

 

 

 

 


 

 

 

Copyright (C)  basedow_otoko All Rights Reserved   バセドウ病になった男の話
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。