バセドウ病の治療

バセドウ病の治療

 

バセドウ病の治療

  バセドウ病の治療には大きく3つの方法があると聞いています。

    @薬物治療
       抗甲状腺薬を長期に渡って飲み続ける治療法。

    A放射性ヨード(アイソトープ)治療
       放射性ヨードを含んだカプセルを服用し、放射線によって甲状腺の細胞を攻撃し、
       亢進した甲状腺ホルモンの分泌を減らす治療法。

    B手術
       手術によって、甲状腺を一部を残して切除する。
       そうすることによって甲状腺ホルモンの過剰な分泌が減少する。

 それぞれのバセドウ病の治療法は一長一短。
 どれが良いということは言えないようです。

 その人の状況や考え方によって異なってきますので、 お医者さんとよく相談する必要があると思います。

 それぞれの治療の長所、短所を見てみましょう。

 


薬物治療

  【長所】  
     ・簡単気軽に取り組める
     ・入院する必要がない
     ・どこの病院でも治療可能
  
   【短所】  
     ・副作用が出る人もいる
     ・長期に渡って飲み続けなければならない(人によって違いますが年単位)
     ・薬をやめてからしばらくたって再発する人もいる
     ・定期的な血液検査が必要

   【向いている人】
     ・甲状腺の腫れが小さい人
     ・定期的な通院を持続できる人
     ・薬の副作用がない人
     ・薬を飲み続けられる人

 

放射性ヨード(アイソトープ)治療
 
    【長所】
      ・治療期間が短くてすむ
      ・苦痛を伴わない
      ・安価
      ・再発が少ない

   【短所】
      ・設備が整っている病院でないと出来ない
      ・甲状腺機能低下症になってしまう可能性もある
      ・妊婦や授乳婦には出来ない
      ・眼球突出している人は悪くなりやすい

   【向いている人】
      ・薬の副作用がある人
      ・通院の持続が難しく比較的短期間で治したい人
      ・薬でなかなか効果が上がらない人

 

手 術

   【長所】
      ・手術さえ我慢すればすぐによくなる
      ・再発が少ない
      ・早期回復が期待できる

   【短所】
      ・入院が必要
      ・傷跡が残る(最近はほとんど目立たないように出来るようです)
      ・技術を持っている先生を探す必要がある。
      ・後遺症もありうる

   【向いている人】
      ・甲状腺の腫れが大きい人
      ・薬の副作用がある人
      ・薬でなかなか効果があがらない人
      ・仕事などの事情で短期集中で治したい人
      ・手術を苦と思わない若年者

 

と、いうような感じのようです。

 日本では薬物治療が一番多いようですね。

私も、何といいますか自然と薬物治療を開始して
今日に至っているという感じです。

まだ、治療を始めて半年ほど(2006年11月現在)なのですけどね。

 

私の先生は、私の喉があまり大きく腫れていないことから、
まず薬物治療で様子をみて、副作用が出るようであれば、
他の治療を考えてゆくという方針のようです。

私も基本的にこれに同意しています。

 

放射性ヨード治療は、
何か名前が不安になってしまいますし
(いたって安全のようですが・・・)、

薬物治療よりは短期ですむものの
結局は半年、1年は経過をみなくてはいけないらしいのですね。

 

甲状腺機能低下症になる可能性もないとは言えないようですし・・・

 

そもそも私が通院している病院に放射性ヨードの治療設備が整っているかどうかは不明です。
(なんとなく聞けずに今日に至っています)

 

手術というと小心者の自分はなんとなくリスクの方を考えてしまいます。

反回神経を傷つけて声が出なくなってしまうのではないかとか?
甲状腺機能低下症になってしまうのではいか?

とか・・・・・

実際はそういうことは少ないらしいのですが・・・
でも、やっぱり怖いですよね。

 

一方、薬物治療の場合は、時間はかかりますが、
甲状腺ホルモンが正常値を保ってさえいれば
全く普通の生活ができるわけで、

まぁ、
サプリメントを飲むような感覚で続けていれば気軽なものだろうと思い、
現在はこれに徹しています。

実際に薬物治療は始めて2ヶ月くらいで甲状腺ホルモンが一応正常値になり、
ホント楽になりました。

 

ただ、薬物治療の場合、甲状腺ホルモンが正常値になっただけではダメで、

TSHも正常値になってゆかなければなりませんし(TSHはなかなか動きません)、
TRAbも減少してゆき(TRAbもなかなか減少しません)、
甲状腺の腫れもなくなり、
薬の量を減らしつつ様子をみて、

安定した状態が半年以上続いてようやく薬をやめることができるのだそうです。
(その後も経過をチェックする必要はあるそうですが・・・)

そこまで行くのに3年〜5年はかかるようですね。
長い人は10年以上薬を飲み続けている人もいるようですし・・・

 

そんなことを考えると

“一発手術で決めちまう!”

なんてことも考えたくなりますね。

ただ、そうなると今の大学病院では少し不安なので、甲状腺専門の病院に変えることも考えなきゃいけないかなぁ?

なんて考えたり・・・。

皆さんはいかがでしょうか?

 


サイトカテゴリー
TOPページ
   
甲状腺とホルモン
甲状腺ホルモンの働き
甲状腺ホルモンの分泌調節
「TSH、TRHのメカニズム」
バセドウ病は自己免疫疾患
一般的なバセドウ病の症状

私が体験したバセドウ病症状
首の腫れは少し
体重激減
排便回数が増える
心拍数急増
バセドウ眼症か?
異常にタンが絡む

私が受けたバセドウ病の検査
一般的なバセドウ病の検査
バセドウ病の治療
ちょっと心配? 薬物治療の副作用

私の血液検査結果と治療経過
2006年5月〜7月
2006年8月〜12月
2007年1月〜12月
2008年1月〜12月
2009年1月〜

バセドウ病患者の日常生活注意点 
薬は決められた通りに必ず飲み続ける
完全安静のおすすめ
食事の問題
生活のリズム
運動について
病気の中にも楽しみを見出して前に進む
私の療養生活失敗談
甲状腺機能亢進症の病気
甲状腺機能低下症の病気
バセドウ病患者になって思うこと
   
プロフィール

 

リンク集
甲状腺専門病院リンク集
闘病記(甲状腺の病気)
リンク集
闘病記(甲状腺以外の病気)
リンク集
医療関連リンク集(1)
医療関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(1)
健康、栄養関連リンク集(2)
健康、栄養関連リンク集(3)
健康、栄養関連リンク集(4)
健康、栄養関連リンク集(5)
癒し関連リンク集(1)
癒し関連リンク集(2)
趣味関連リンク集(1)
趣味関連リンク集(2)
旅行関連リンク集(1)
旅行関連リンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(1)
日常生活お役立ちリンク集(2)
日常生活お役立ちリンク集(3)

おことわり

 当サイトは、医療の専門家ではない私(管理人)が、病気克服のために勉強し体験したことを綴ったサイトです。
したがいまして、記載されている医学、医療、療養などの内容に関して一切保証するものではありません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 

 

 

 

 

 


 

 

 

Copyright (C)  basedow_otoko All Rights Reserved   バセドウ病になった男の話
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます。